ニキビができてしまった場合の正しい処理方法!

ニキビの対処法ニキビができた時、潰すか潰さないか考えませんか?
思い切って潰してしまいたいけど、跡が残るかも知れないので潰さない方がほとんどでしょう。

でも、ニキビを潰してもきれいに治る人もいれば、跡が残ってなかなか治らない人もいます。
なので潰す処理方法は控えた方がいいかもしれませんね。

ニキビを潰してしまうことで周囲の健全な細胞まで痛めてしまうことが、ニキビ跡が残ってしまう原因だそうです。ニキビを潰してもきれいに治る人は偶然ニキビ部分だけをつぶしていたことになるようです。

ニキビができた時の処理法!

ニキビができた時は、ニキビの白くなった部分の端から端に、消毒した針などで突き抜きます。そして上方向に引っ張って、膿で白い部分の皮膚を引きちぎります。

こうすることによって、ニキビで死んでしまった細胞だけをつぶすことができその結果、影響部分のみ潰すので痛みもなく、きれいに回復するそうです。

 潰した後は優しくきれいに洗顔をするのを忘れずに行いましょう!

 

コメントを残す