顔マップ美容法でスキンケアを見直す!

顔マップ顔マップはご存知でしょうか?スキンケアと言ってもオデコと頬など場所によっては、オイリー肌だったりドライ肌だったりと肌状態が違ってきます。

各部位の肌状態にあったスキンケア方法を取り入れるために、顔マップ美容法が役に立ってくるようです。

顔マップの作りかた

顔マップ作りはノーメイク状態で、出来れば太陽光の下で肌状態を自己観察してみましょう。太陽光の方が室内の蛍光灯の光より肌の色や状態、特に目元の黒くまや赤くまなどのクマノ状態も確認しやすくなるからです。
出来れば毎日チェックして、メモなど顔マップ用のノートに記録しておくといいでしょう。
とても簡単なので始めてみてください。

肌に合ったスキンケア

顔マップでチェックしてると場所によって肌の状態がより把握できるようになります。それから肌に合ったケア方法を始めてみましょう♪

Tゾーンのオイリー肌

Tゾーンや小鼻周りはオイリー肌になりがいです。だからと言って洗顔しすぎや、脂取り紙で油を撮るのはやめておく方が良いでしょう。脂を摂りすぎることで乾燥肌なってしまい、より多くの皮脂が分泌されるようになります。この結果、脂性になる逆効果となります。

オイリー肌のケア方法

オイリー肌のケア方法として、スキンケアの仕上げとしてクリームで仕上げないで、ジェルや乳液を使てみるのもいいでしょう。また、皮脂を取り除くのでなくて、分泌を抑えるように最近注目の収れん化粧水など使ってみるのも有効です。
乾燥肌になると皮脂分泌も過剰になるので、水分補給は十分にしたいですね。内面からのケアとして水をたくさん飲むのも大切なので意識してみましょう。

目元口元のケア方法

目元や口元は乾燥によるたるみが出やすい部分です。なので、エイジングサインがもっとも出やすいと言われていますね。タルミも乾燥からくることが殆どなので、保湿効果の高いセラミドやヒアルロン酸を選びたいですね。保湿がなかなか実感できない場合、パックやシートマスクで潤い力を充電するの◎です。
ビタミンAが多く含まれる緑黄色野菜を積極的に食べて潤いキープに意識したいですね。

ほほや小鼻まわりの毛穴ケア方法

ほほや小鼻まわりの気になる毛穴のお手入れは、とにかく毛穴の汚れをきれいにお掃除することが大切です。週に1、2回はクレイパックするなど、集中ケアを取り入れたいですね。それと同時にビタミンC誘導体入りのコスメを使うことできれいになった毛穴をキュッと引き締めてくれる事と思います。

 

 顔マップ美容法で顔全体というよりも、顔の部分ケアの要素も分析できるので、気になる部分の集中ケアもやりやすくなるでしょう。

 

コメントを残す